オホーツクの流氷を体験しよう

オホーツク海は冬場になると海面の80%近くが流氷に覆われる現象が起こります。これは11月中旬にサハリンの北にあるアムール川河口でできたものが流れてきているのが特徴です。オホーツク海にたどり着くまでにどんどん大きくなり2000Kmもの旅を経て幻想的な風景を誕生させます。一夜にしてオホーツク海を覆いかぶさる流氷は一見の価値があるといえるでしょう。流氷を見たいときには船を利用しますが、時期によっては風がなく船が出せないときもあります。天候を確認してから出向くようにするのがおすすめです。

 

八甲田のロープウェイでスキーを楽しもう

高層湿原と高山植物を楽しみたいときは八甲田に行きましょう。冬になるとスキーも楽しむ事ができるので年中遊べるスポットとして人気があります。季節ごとにたくさんの観光客が訪れるので賑わっているのが特徴です。山頂公園駅前にはバリアフリーの展望台もあるので体の不自由な方も楽しめる場所と言えます。八甲田山には樹氷があって、これはアオモリトドマツの上にたくさんの雪が覆いかぶさっているのが特徴です。まるで雪でできたモンスターのようにたくさんの樹氷が立ち並んでいます。絶景スポットとしても人気の場所なので写真撮影にもおすすめと言えるでしょう。スノースポーツを楽しみたいときにはスキーとスノーボードのレンタルも行っています。またスキースクールも行っているので滑りがうまくなりたいときに便利です。 八甲田にはスキーコースとスノーボードコースが用意されています。指導板やボールとネットなどでルートが表示されていて、パトロールが常時巡回しているので安心して利用できる場所です。